テニス速報~テニ速~

テニスについての話題をまとめていきます。更新不定期。


    スポンサーリンク

    YONEX

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    限定生産ということで、かなり力の入れようだなあと感じます。

    ロゴもラケット自体のデザインもかっこいいです。


    テニス用品メーカー ヨネックス株式会社の最新ラケット「REGNA(レグナ)」をtennis365.netでも販売を開始した。

    このラケットはヨネックス独自のカーボン加工技術によって可能となった緻密な設計により、相反する"パワー"と"精密なコントロール"を両立させたテニスラケットで高密度で等間隔に編み込まれたカーボンをシャフト部に搭載することでラケットがねじれやすく、かつ素早く復元(ねじれ戻り)し、相反するパワーと優れたコントロールの両立を実現。また、フレーム断面を部分的に肉厚に成形し、内部に振動吸収材を搭載することで快適な打球感を生み出す。ヨネックスのカーボン加工技術と最新テクノロジーを結集することで作られたラケットである。

    <製品特長>
    ○独自のカーボン加工技術が可能にした、高密度スリーブカーボン

    ラケットのパワー増幅について、本製品はラケットの"ねじれ"現象に着目しました。ねじれた後に瞬時に戻るシャフト設計にするために、通常のラケットよりも多くの作業工程とコストのかかる製法を採用。カーボン繊維を編み込んでスリーブ(筒状のもの)とし、それを当社独自のカーボン加工技術によってシャフト部に部分的に搭載しました。等間隔の編み込みで高密度なスリーブカーボンは柔軟かつ強靭なシャフトとなり、ねじれやすく素早く復元する"ねじれ戻り"が、相反するパワーとコントロールの両立する。

    ○新フレーム形状による振り抜きの良さとパワー
    バンパーグロメットの厚み分を計算し、そぎ落としたフレーム設計により、フレームとバンパーグロメットが一体化し、空気抵抗が軽減され、振りぬき性能が9%※向上しました。また、フレーム断面の側部を部分的に肉厚にし、その内部に振動吸収素材の「Lock Fiber」を搭載することで剛性も高まり、快適な打球感とパワーを生み出します。

    ○アイソメトリック形状によりスウィートエリアを拡大
    「アイソメトリック」とは、縦・横ストリングの長さを均一に近づけることで、ストリングの有効可動域を広げ、一般的な円形ラケットに比べてスウィートエリアが7%※広い、当社独自の四角いフレーム形状です。アイソメトリックの98inch2 は円形ラケットの105 inch2 に相当する。
    ※ヨネックス調べ

    引用元
    技術の結晶 ヨネックスREGNA - テニス365 | tennis365.net
    http://news.tennis365.net/news/today/201408/101370.html


     
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(スポーツ)へ

    以下、YONEXスレの反応をまとめました。
    【【反応・感想まとめ】YONEXから新作ラケット「REGNA」が発売!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    Wawrinka

    YONEX使用選手、そしていわゆるビッグ4の選手以外の優勝は共に久しぶりでした。

    決勝はナダル選手の怪我がありやややり辛そうな印象を受けましたが、それまでの勝ちあがりが素晴らしかったですね。

    ワウリンカ選手、優勝おめでとうございます!



    ワウリンカ選手の優勝効果で注目されるであろうVCORE Tour Gですが、個人的にはかなり好きなデザインです。
    グリップテープの巻き具合まで揃っているのがやはりプロですね。

    以下、YONEXスレ


    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(スポーツ)へ




    【ワウリンカ選手が全豪優勝! & YONEX VCORE Tour G 等の情報まとめ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    先月発売になった新作ラケットEZONE Aiについての反応をまとめました。



    転載元
    【YONEX】yoyoヨネックス【弁当箱】 Part_8
    【YONEXの新作EZONE Aiシリーズへの反応まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ